即日借入できる?今すぐお金を借りたい場合のカードローン選び

緊急の借入には即日借入のカードローン

緊急の借入には即日借入のカードローンが便利です。カードローン申込をしたら、その日中にお金を受け取ることもできるため今すぐお金を借りたいという場合にもたいへんに便利です。しかし、即日借入できるかどうかはカードローンの選び方次第となっています。

カードローンには各社さまざまな特色があります。即日借入が可能、というのもひとつの特色ですが、即日借入が可能なカードローンといっても全てが同じような審査スピード・融資スピードなわけではありません。借入方法など条件も違ってきます。そのため即日借入可能なカードローンのなかから、より即日で借りることのできる可能性の高いカードローンを選ぶ必要があるのです。

ではどういったカードローンがより即日借入に向いているのか?さまざまなカードローン比較サイトをみていますと、ランキングの上位は必ずといっていいほどプロミスやモビットなどといった大手の消費者金融がおすすめされているケースが多くみられます。

参考:http://xn--n8jlr9a6a3t1by832bxrcfa496a242um4za18b.com/

なぜ大手消費者金融は即日借入に向いているのか?

なぜ大手消費者金融は即日借入に向いているとされるのでしょうか?それにはいくつかの理由があります。

・審査時間が早い
大手の消費者金融の審査時間は最短で30分とたいへんスピーディーです。即日借入可能なカードローンでも、その審査時間には差があります。即日借入に成功するかどうかは、審査の早さで半分以上が決まってきます。そのため最短時間が短い大手消費者金融は即日借入にぴったりなのです。

・審査が銀行カードローンほど厳しくない
銀行カードローンは金利が低く魅力的なカードローンではありますが、その分審査が厳しいというデメリットがあります。いくら即日借入が可能であっても、審査に通らず借りられないのでは意味がありません。大手消費者金融のカードローンは審査が甘いことはありませんが、銀行カードローンに比べれば比較的柔軟といえます。

・即日借入可能な時間が長く、自動契約機での即日カード発行ができる
即日借入では振込キャッシングが一般的な融資方法ですが、振込キャッシングの場合、15時までに銀行に振り込んでもらえなければ翌営業日の振込反映となってしまいます。自動契約機を全国各所に構える大手消費者金融でしたら即日カード発行が可能となります。自動契約機の営業時間は長いところで22時までですのでもしも振込キャッシングに間に合わなくても他に融資方法があるわけなのです。

・ネット上で申込みから借入までの手続きがスムーズにできるシステムがある
カードローンの申込はいまやネット申込が主流となってきていますが、申込はネットでも契約書類のやり取りなどは郵送やFAXによる手配というところもまだまだあります。大手消費者金融ですとネット上で申込から借入までの一連の手続きが可能なシステムが整っています。

カードローンを利用するためには、申込をして審査を受け、審査結果が出たら契約をし、それからお金を借りるという流れになります。消費者金融のカードローンはこの一連の流れがスピーディーでかつスムーズに行えるようになっていて、そうした点から即日借入に向いていると言えるのです。

即日借入カードローンを選ぶために気をつけるべきは『時間』

即日借入のカードローンを選ぶにあたっては、とにかく時間に気をつけなくてはなりません。即日借入できるかどうかは時間にかかっています。今申込をして即日借入ができる時間なのかどうか?もしできなければ、どこだったら即日借入ができるのか?を確実にしてから申込をしましょう。気をつけるべき時間には2つあります。

・審査可能な時間かどうか
いくら審査が自動化してきているとはいえ全ての審査が自動化されているわけではありません。最終的には人によって審査の可否というのは判断されます。そのため、カードローン会社側としても24時間審査を行っているわけではありません。審査可能時間というものがありますのでそれに注意する必要があります。例えば、大手消費者金融のプロミスの場合ですと、パソコンなどインターネットの申込の場合、自動審査可能時間は9:00~21:00となっています。審査にかかる時間のことを差し引いて考えますと審査申込はもう少し早い段階ですませておきたい、ということになります。

・借入可能な時間かどうか
振込融資の場合、借入可能時間は銀行の営業時間に準ずることになります。大手の消費者金融では平日14時までに契約など所定の手続きが完了していることが必要ですが、銀行カードローンですとお昼12時までの契約完了、としているところもあります。審査時間を逆算して、その時間までに申込をしておく必要があるのです。また自動契約機の利用の場合、ローンカードさえ手に入ればあとは24時間コンビニATMなどからキャッシングが可能ですが、自動契約機の営業時間は長いところで22時までです。自動契約機はカードローン会社や曜日、場所によって営業時間が異なることもありますので、自分が行く予定の自動契約機の営業時間を確認する必要があります。

即日借入にあまり向いていないカードローンの条件

即日借入が可能なカードローンのなかにも、即日借入に向いているカードローンとそうでないカードローンとがあります。もちろん、向いてないとはいえ「即日借入可能」とうたっているからには即日で借入に成功している方もいらっしゃるわけですが、その割合には差があります。多くの方が即日借入できているカードローンもあれば、少数の方だけが即日借入に成功しているカードローンもあり、そのどちらもが「即日借入可能なカードローン」というわけです。では、どういったカードローンが即日借入にあまり向いていない、というのでしょうか。

・審査が遅い傾向がある
「即日借入可能」としているからには当然、「最短即日審査」以上の審査スピードはあるはずです。しかし口コミサイトをみてみますとなかには審査に1週間以上かかっているケースなど審査時間のかかる割合が多いカードローンというのもあります。実際に即日借入できている人がいるのだとしても、限られた一部の方しか即日で借りられないというのでは「審査が早いカードローン」とは言えないのではないでしょうか。

・審査が厳しい
いくら「即日借入可能」としていても、審査のハードルの高いカードローンとなりますと審査に落ちてしまう可能性があるため、即日借入に向いているとは言えないでしょう。審査に落ちてしまったら、また他のカードローンに申込をしなくてはなりません。ただでさえその日中に借りられるかどうかわからないのに、また改めて申込をして審査を受けて…となってはその日中の借入が間に合わなくなってしまいます。

・借入方法が振込融資だけしかない
一般的に即日カードローンの借入方法というのは振込融資です。しかし、当日振込が可能な時間は非常に限られています。そのため、借入方法が振込融資だけしかないカードローンですと、審査にかかる時間によってまた申込の時間によっては当日中に借入ができない可能性が高いのです。

即日借入カードローン審査でやってはいけないこと

即日借入に成功するためにはカードローン審査にスムーズに通る必要があります。審査をスムーズに通過するためにやってはいけないことがいくつかありますので、申込の際には注意しましょう。

・申込書の内容の誤字脱字などの不備
電話番号や住所の番地、メールアドレスなど申込書の内容に誤字脱字等の不備がありますと、それの確認作業が入りますのでその分時間が長くなってしまいます。審査をスムーズに通過したいのであれば、誤字脱字などの初歩的なミスがないように正確な記載を心がけましょう。

・他社借入を少なく書くなどの虚偽記載
審査に通りやすくしたいからと他社借入件数や金額を少なく書くなど事実と反する虚偽の記載をする方がいらっしゃいますが、こうしたうそは信用情報機関へ確認すればすぐにわかってしまいます。嘘の申告をしたということがわかれば、信用が失われますから審査の可否にも影響してきます。もし、意図的にではなく単純に間違えて事実と違う内容を書いてしまったとしても、審査に影響する可能性はゼロではありません。他社借入は正確に事実通りに記載してください。

・借入希望額を必要以上に高く設定する
借入額が高額な場合、審査が慎重になり時間がかかる要因となります。「せっかく申込をするのだから、ちょっと多めに申し込んでおこう」と必要以上に多めの額を申請しても審査が遅くなるだけです。即日借入をしたいのであれば、借入希望額は必要最低限に抑えて申込するようにしましょう。